アウルモッドでレンジャーが気をつけたいこと

バトル
スポンサーリンク

1日1回ポチっと推してください♡

ドラゴンクエストXランキング

先日アウルモッドⅡをレンジャーで討伐してきました。

今日はレンジャーをやるにあたって気をつけたいことを書きたいと思います。

ここだけ改善するだけで、劇的に変わります。


それは、前に出すぎないこと。

これを分かっていないレンジャーは多い気がします。


コマンドが選択できる状態でも相撲を開始するまで動かない。

例え5秒何もしないで突っ立っている状況が続いたとしても気にしない。

急いでサマソを入れにいかなくても十分間に合うボスです。

むしろ壁をしている前衛にとっては後ろからちょこまか攻撃にくるほうがきついと感じます。

その代わり全員に霧を切らさない。ザオラルは率先して行う。これだけ徹底してればかなり回りはやりやすいと思います。

レンジャーってカンタンに見えて難しい職業です。ですがこの我慢だけ覚えてやってみると劇的に世界が変わります。

前衛に気持ちよく殴らせて、ピンチのときは蘇生などの役割に回る。ドッジボールのときのキルアのような役回りですね!




このボスは他のボスと違いパーティーがバラバラに広がりがちです。

横から殴るバトに霧をかけるのは難しかったりします。なので壁以外の前衛はブレスを積んでおいて、掛けられない状態だったら滅却を入れる。

ブレス防ぐのはお前の役目だろと脳死せずに、状況によってはそういう動きをするのができる前衛だと思います。

レンジャーはバトルをコントロール職として考えるととっても面白い職です。

このボスはそれぞれの職に違った面白さがあってとっても良いボスなので、色々な職で遊びたいですね!


楽しいドラクエ10を伝えるブログ
よかったら1日1回ポチッと押してくれたら嬉しいな♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました